img

CSR情報

サステナビリティ

SDGsへの取り組み

SDGsとは
SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連総会で採択された2016年から2030年までの国際目標です。SDGsは持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成される、人類と地球の繁栄を実現するための具体的アクションプランであり、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
サノヤスグループは、『確かな技術に まごころこめて』を共通スローガンとして、事業活動を通じた社会的課題解決に取り組んで参りました。引き続き国際社会の一員として、SDGsの達成に貢献できるよう、取り組みを推進していきます。


当社グループのSDGsに対する取り組みは、
外務省ホームページにてSDGsに取り組む
企業の一例として紹介されています。
  

サノヤスグループのSDGsへの取り組み
No. サノヤスグループ
の取り組み
対応するSDGsのゴール 対応するSDGsのターゲット
1 「ものづくり塾」の開催   8.2 高付加価値セクターや労働集約型セクターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上およびイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。
2 最先端のビル建設に対応した建設用エレベーター開発   9.5 2030年までにイノベーションを促進させることや100万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとするすべての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。
3 建設用エレベーター・クレーンのレンタル事業   12.5 2030年までに、予防、削減、リサイクル、および再利用(リユース)により廃棄物の排出量を大幅に削減する。
4 インフラ事業を支える常設人荷用エレベーターの提供   9.1 すべての人々に安価で公平なアクセスに重点を置いた経済発展と人間の福祉を支援するために、地域・越境インフラを含む質の高い、信頼でき、持続可能かつ強靱(レジリエント)なインフラを開発する。
5 使う人に優しい機械式立体駐車装置の開発   9.1 すべての人々に安価で公平なアクセスに重点を置いた経済発展と人間の福祉を支援するために、地域・越境インフラを含む質の高い、信頼でき、持続可能かつ強靱(レジリエント)なインフラを開発する。
6 テロ対策ボラード(車止め)の拡販   16.1 あらゆる場所において、すべての形態の暴力および暴力に関連する死亡率を大幅に減少させる。
7 高度な金属加工技術   9.5 2030年までにイノベーションを促進させることや100万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとするすべての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。
8 太陽光発電事業の推進   7.2 2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。
9 化粧品・医薬品の進化を支える攪拌装置   9.5 2030年までにイノベーションを促進させることや100万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとするすべての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。
10 排水処理装置の事業の展開   3.9 2030年までに、有害化学物質、ならびに大気、水質および土壌の汚染による死亡および病気の件数を大幅に減少させる。
6.3 2030年までに、汚染の減少、有害な化学物質や物質の投棄削減と最小限の排出、未処理の下水の割合半減、およびリサイクルと安全な再利用を世界全体で大幅に増加させることにより、水質を改善する。
11 最新空調設備及び冷凍冷蔵装置による省エネ化   9.4 2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術および環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。すべての国々は各国の能力に応じた取り組みを行う。
12.2 2030年までに天然資源の持続可能な管理および効率的な利用を達成する。
12 下水処理施設等の設置及びメンテナンス   6.2 2030年までに、すべての人々の、適切かつ平等な下水施設・衛生施設へのアクセスを達成し、野外での排泄をなくす。女性および女子、ならびに脆弱な立場にある人々のニーズに特に注意を向ける。
13 医療廃棄物の処理事業の推進   3.9 2030年までに、有害化学物質、ならびに大気、水質および土壌の汚染による死亡および病気の件数を大幅に減少させる。
14 生産現場の効率向上に貢献するショットブラストマシン   9.4 2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術および環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。すべての国々は各国の能力に応じた取り組みを行う。
9.5 2030年までにイノベーションを促進させることや100万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとするすべての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。
15 研掃材の再利用システムの推進   12.5 2030年までに、予防、削減、リサイクル、および再利用(リユース)により廃棄物の排出量を大幅に削減する。
16 全国各地の遊園地運営事業   8.9 2030年までに、雇用創出、地方の文化振興・産品販促につながる持続可能な観光業を促進するための政策を立案し実施する。
17 ISO 14001 : 2015に基づく環境マネジメントシステムの運用  

 
7.a 2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率、および先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究および技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。
12.4 2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じて化学物質やすべての廃棄物の環境に配慮した管理を達成し、大気、水、土壌への排出を大幅に削減することにより、ヒトの健康や環境への悪影響を最小限に留める。
12.5 2030年までに、予防、削減、リサイクル、および再利用(リユース)により廃棄物の排出量を大幅に削減する。
13.3 気候変動の緩和、適応、影響軽減、および早期警告に関する教育、啓発、人的能力および制度機能を改善する。