img

CSR情報

サステナビリティ

SDGsへの取り組み

1.先端技術を駆使した低燃費船の開発
 
 サノヤス造船は大学や研究機関との共同研究を積極的に進め、その成果を新規開発船に適用しています。
 一例として、国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所および設計支援ツールを開発しているNAPA Japan株式会社との共同研究で開発した実海域船型最適化システムがあります。このシステムにより、短時間でエネルギー効率の良い船舶を開発することが可能となりました。

      




2.船舶からのCO2排出量削減
 
 船舶から排出されるCO2(二酸化炭素)を減らすためには、「船体の抵抗を減らすこと」「プロペラ推力を増加させる」ことが効果的です。
 サノヤス造船では、船体形状の最適化だけでなく、独自技術開発により様々な省エネ装置の特許を取得し、実船採用することで、大きな省エネを実現しCO2 削減に貢献しています。

   




3.船舶からのNOx排出量削減
 
 ディーゼル機関は燃焼すると NOx(窒素酸化物)を排出します。NOxは酸性雨の原因の一つとされており、IMO(国際海事機関)によって排出量が規制されています。
 そこで、サノヤス造船はSCR(選択式触媒還元)やEGR(排ガス再循環)といったシステムを採用することで、船舶から大気中へのNOx排出量を削減し、IMO最新のNOx3次規制を満足する環境に配慮した船舶を提供しています。

      




4.船舶からのSOx排出量削減
 
 NOx(窒素酸化物)同様、 SOx(硫黄酸化物)もまた、IMO(国際海事機関)の規制対象となっています。
 サノヤス造船では、SOx排出量削減のため、低硫黄燃料に対応した船舶の開発を行っており、2020年以降に強化されるIMOのSOx規制に適合した環境に優しい船舶を提供しています。また、排ガス中のSOxを除去することのできるSOxスクラバー(排ガス洗浄装置)を搭載可能な配置としているため、本機を搭載した場合は、従来の高硫黄燃料を引き続き使用することも可能です。

      




5.船舶へのバラスト水処理装置の搭載
 
 船舶は、荷を積んでいない場合、タンクにバラスト水と呼ばれる海水を積み船体を安定させます。寄港地で荷を積む際にこれを排出しますが、出港地で積み込んだバラスト水に含まれる水生生物や病原菌も同時に排出されるため、その海域の生態系を崩す恐れがあります。
 この問題を解決する為に、現在サノヤス造船の全ての建造船にはそれら微生物を処理するバラスト水処理装置を搭載しており、健全な海洋環境維持に役立てられています。

   




6.船尾管シール、雨水回収タンクの配置などによる海洋汚染防止
 
 サノヤス造船の建造船には、船舶の推進軸が、船外の海水と接する箇所に、生分解性潤滑油を使用可能なシール材を装備しています。生分解性潤滑油は自然界に存在する微生物により分解され、微生物自体も二酸化炭素と水に分解され自然界にもどるため、環境負荷を低減します。また、荷役の際に甲板上の汚れた雨水が港湾に流出しないよう、甲板下に雨水回収タンクを配置しています。
 このように海洋汚染を防止し、海洋環境の保全に取り組んでいます。





7.船舶における有害物質一覧表の作成
 
 サノヤス造船は、船舶の安全や環境に配慮した適切なリサイクル活動のために、建造船舶内に存在する指定された有害物質の使用場所や使用量などの特有情報を管理する一覧表を作成し、提供しています。
 やがて迎える解撤の際、船舶リサイクル施設における労働者の安全や衛生を確保し、環境汚染を防止するための管理や資源の有効利用を促進することが出来るように取り組んでいます。





8.舶用LNG燃料供給システム(FGSS)
 
 船舶を取り巻く世界的な環境規制は、舶用燃料についても環境負荷の小さい燃料へとシフトする流れを生み出しており、次世代舶用燃料として燃焼廃棄物がクリーンなLNG(液化天然ガス)燃料普及への期待が高まっています。燃料油から LNG燃料への転換で、NOx(窒素酸化物)90%以上削減(低圧式)、SOx(硫黄酸化物)ほぼ100%削減、CO2(二酸化炭素)20%以上削減、 PM(粒子状物質)ほぼ100%削減となります。
 サノヤス造船はLNG燃料船の普及をめざしてFGSSの設計及びエンジニアリングに取り組み、高まるニーズに応えてまいります。

         





9.鋼材のスクラップ削減
 
 サノヤス造船の建造する船舶の構造は数万の部材から成り立っており、それらの部材は鋼材から切り出しています。
 1枚の鋼板から複数の部材をまとめて加工するネスティングでは、この鋼材の無駄をなくすために、専用ソフトによる自動配置後、更に手動にて最適化を追求、スクラップ削減に取り組んでいます。
 また、サノヤス・エンジニアリングの製造する「ショットブラストマシン」も同様に、ネスティングによって多くの部材を鋼材から切り出して製造しています。






10.ISO 14001 :2015に基づく環境マネジメントシステムの運用
 
 サノヤス造船水島製造所は 2008年にISO14001:2004に基づく認証を取得し、2018年には新たな2015年版の規格への移行を終えました。また、サノヤス精密工業では、前身の加藤精機の精神を受け継ぎ、新三田にある本社工場でも2018年、ISO14001の認証を取得致しました。
 「環境に優しい企業づくり」を基本理念とし、事業活動における環境影響に配慮して、その環境負荷を低減させるべく、トップダウンのマネジメントによる全員参加の取組みを推進しています。

      
2009年から実施中の
「総合事務所屋上のスナ苔による緑化」




11.OHSAS 18001 : 2007に基づく労働安全衛生マネジメントシステムの運用
 
 サノヤス造船水島製造所は、労働安全衛生におけるあらゆるリスクの低減を目指し、「安全と健康を経営の基盤とし、これのさらなる向上はすべてに優先する」との基本理念のもと、リスクアセスメントの確実な実施を通じて、水島製造所のメインスローガンである「安全第一・ 最高品質」を達成すべく、常に改善に努めています。

2017 年から所内で実施中の「安全体感教室」




12.社内技能競技会の実施
 
 サノヤス造船では、造船技術者の各種技能向上を目指した社内技能競技会を定期的に開催し、社員個人が培った技術・技能や日頃からのスキル研鑽の成果を競い合っています。
 一人一人の向上意欲を刺激し、積極的な挑戦を支援することで、いきいきとした働きがいのある職場づくりと生産性向上の両立に努めています。





13.IoSオープンプラットフォームへの参画
 
 サノヤス造船は株式会社シップデータが発足させたInternet of Ships Open Platform(IoSオープンプラットフォーム)に参画しています。これは、船舶のデータ収集や保管プロセスをオープンプラットフォーム化し、デジタル時代における船舶IoTデータの利活用を促進するものです。
 この組織に参画することで、例えば、従来入手することが困難であった船の実運航データが入手しやすくなるため、船の開発へのフィードバックが可能となり、さらなる開発能力の向上に繋がります。





14.インバウンド誘致による持続的な観光業の促進
 
 サノヤス造船の保有する倉敷シーサイドホテルでは、倉敷インバウンド誘致委員会に加盟し、岡山・倉敷の魅力をアジア各国に広く周知するとともに、積極的なインバウンド誘致を行っております。
 また、サノヤス造船水島製造所の隣接ホテルという立地を活かした造船所見学ツアーや、水島コンビナート地区の夜景ツアーなど、独自のおもてなしで魅力を高めることで、倉敷臨海エリアの雇用創出と発展に貢献しています。





15.津波避難タワーの設置
 
 津波避難タワーは、津波避難困難地区の住民が一時的に避難する場所として設置される施設です。
 今回のタワーは、和歌山県御坊市に納入したもので、鉄骨造りで避難可能人数は800名(避難階2層の計)と大規模で、形も敷地を有効利用した八角形とユニークなものです。
 また、屋上までスロープも併設されており、車いすに乗ったままでも避難可能です。
(サノヤス造船は製作部分を担当しました。)





16.外国人実習制度による途上国への技術・技能の移転
 
 サノヤス造船水島製造所では、 2002年より延べ286名(2018年9月時点)の外国人技能実習生を受け入れして参りました。造船における高度な溶接技量の習得だけでなく、日本語の習得や近隣地区行事(盆踊り・祭り・清掃活動)への参加を通じて日本文化や社会貢献を学ぶ事により「人づくり」に協力しています。

   



17.「ものづくり塾」の開催
 
 サノヤスMTGでは、ものづくりにおけるQCD(品質、価格、納期)を一層、向上させ、それを着実に推進する現場力を強化するため、グループ内の製造系社員を対象とした「ものづくり塾」を開設し、エキスパート育成を推進しています。カリキュラムは基本的にものづくり改善の理論を学ぶ座学と行動力・応用力を高める実践研修の2つで構成しており、組織責任者の実践力向上を目的とした「工場長塾」と、次期リーダー育成を目的とした「若手リーダー塾」の2つのコースに分かれています。





18.最先端のビル建設に対応した建設用エレベーター開発
 
 サノヤス建機では、300mを超える超々高層ビル建設に対応するエレベーターの開発やメンテナンスの最適化を図る製品IoT(モノのインターネット)の導入取組みにより、国内インフラ構築の推進をサポートしています。
 また、給電方法の見直しによって、従来の方法より省エネルギーかつ高速・高積載のエレベーターの実現を目指しています。





19.建設用エレベーター・クレーンのレンタル事業
 
 建設現場では、建設中のみ各種機材が必要となります。そのため、サノヤス建機では、建設用エレベーター・クレーンをレンタルで提供し、再利用を図ることで、製造・廃棄に関わる環境負荷を低減しています。
 駆動モーターも高効率のものを積極的に導入し、稼働時の消費電力低減を図っています。同時に、エレベーターの下降時の負荷を利用して電源回生を行うことで消費電力の低減を行っています。





20.インフラ事業を支える常設人荷用エレベーターの提供
 
 サノヤス建機では、火力発電所、清掃工場、港湾、橋梁といったインフラ設備の高層構造物メンテナンス用に常設人荷用エレベーターを提供しています。メンテナンス作業の効率化・省力化に貢献することで、各種インフラ事業の下支えをしています。

 




21.使う人に優しい機械式立体駐車装置の開発
 
 サノヤス・エンジニアリングでは、バリアフリー(平面仕様等)で、ユーザーフレンドリーを先取りした機械式立体駐車装置を開発・販売することで、持続可能なインフラ整備に貢献しています。





22.テロ対策ボラード(車止め)の拡販
 
 サノヤス・エンジニアリングでは、無差別テロの脅威や頻発する車両の暴走事故等に鑑み、テロ対策用ボラード(車止め)業界で世界トップクラスの実績を持つ英国ATG Access社と代理店契約を締結し、販売を促進しています。セキュリティマネジメントに関するノウハウも併せて提案することにより、安全で持続可能な社会の実現に貢献しています。





23.高度な金属加工技術
 
 サノヤス精密工業では、多様なニーズに迅速に対応できるよう、様々な金属加工機械を用いて、半導体製造装置をはじめとした先端技術で世界をリードする日本の機械製造業を部品供給で支えています。





24.太陽光発電事業の推進
 
 サノヤス精密工業は、兵庫県多可郡に所有する約1万uの土地に、太陽光発電パネル3,220枚を敷設し太陽光発電を実施することで、安全な再生可能エネルギーの推進に貢献しています。遠隔監視システムにより、発電状況の確認と異常値検知時における速やかな現場対応も可能としています。





25.化粧品・医薬品の進化を支える攪拌装置
 
 みづほ工業では、多様で進化の著しい化粧品・医薬品業界にあって、その製造に欠かすことのできない真空乳化装置等の攪拌機器や調合タンクを、ニーズに合わせ製造しており、永く業界から支持され、同産業を支えています。





26.排水処理装置の事業の展開
 
 みづほ工業の排水処理装置は、排水処理施設の汚泥削減装置をはじめ、環境ニーズ全般に高い技術で応えています。環境負荷低減の要求が厳しい日本や中国の工場で活用され、産業廃棄物処理の低減に貢献しています。

   
 




27.最新空調設備及び冷凍冷蔵装置による省エネ化
 
 山田工業では、高効率の空調機導入や断熱性能の高い素材を効率的に採用・施工することで、商業施設等の空調設備や冷凍ショーケースの冷気回収により熱効率を高め施設全体の省エネ化を実現しています。

   




28.下水処理施設等の設置及びメンテナンス
 
 山田工業では、前処理設備から水処理設備、汚泥処理設備、脱臭設備に至るまでの下水処理施設を永年、手掛けています。また、公共下水道、集落排水処理施設、浄化槽などが設置されていない地域におけるし尿処理事業等にも携わっており、様々なシステムや装置開発を通じて環境保全や資源のリサイクルや有効利用に数多く貢献しています。





29.医療廃棄物の処理事業の推進
 
 山田工業では、「感染性医療廃棄物滅菌破砕装置」を提供し、医療機関から排出される廃棄物の安全な処理を推進しています。日々排出される感染性廃棄物の二次感染リスクを低減する処理技術を通じて人々の命をつなぐ医療現場を下支えしています。





30.生産現場の効率向上に貢献するショットブラストマシン
 
 鉄鋼や金属加工に欠かせないサノヤス・エンジニアリングのショットブラストマシンは、労働衛生面を十分に考慮した集塵装置の装備で環境にも配慮しています。また生産ラインに組み込まれたショットブラストマシンを自動化することで、広く製造業の生産効率向上に貢献しています。また、ベトナムを始めとした諸外国への輸出や修理を行っており、海外製造業の発展にも貢献しています。

 




31.研掃材の再利用システムの推進
 
 サノヤス・エンジニアリングでは、従来、産業廃棄物として処理委託されていた研掃材を、再生資源として利用する「クローズド・システム」を完成させました。この独自のシステムを提案することで、限りある資源を有効に使うことを可能とし、廃棄物の排出量の大幅削減に貢献しています。





32.津波救命艇の販売
 
 サノテックでは、東日本大震災での教訓を基に開発された「津波救命艇」の販売事業を行っています。津波救命艇は、高齢者等の短時間での高台避難が困難な方々が、巨大地震発生後に速やかに最寄りの津波救命艇に避難し、到来する津波から避難する設備です。南海トラフ等巨大地震発生の可能性が高まる中、地域を補完する避難設備として、避難弱者の避難手段確保に取り組んでいます。





33.全国各地の遊園地運営事業
 
 サノヤス・ライド及びサノヤス・ライドサービスでは、東京お台場の大観覧車をはじめ、全国各地で展開する遊園地運営事業を通して、集客や雇用促進等により地域振興に貢献しています。

 




34.メルボルンスター運営によるオーストラリア・メルボルン市の観光業の推進
 
 サノヤス・ライド(オーストラリア)では、オーストラリア・メルボルン市において、高さ120Mを誇る、南半球最大の大観覧車「メルボルン・スター」を管理、運営しています。床面から天井までガラス張りのキャビンから360度のメルボルンの景観を提供することで、メルボルン市の魅力を高め、地域観光業の促進と雇用創出に貢献しています。