高卒採用社員紹介

図面の先にある現場の作業を想像しながら、設計しています。

もうすぐ100年を迎える会社と聞いて、「すごい! 学校で学んだ機械の知識を役立ててみたい」と思って入社しました。以来、担当しているのは、船のエンジンや発電機がある機関室の中を通る配管の設計。配管といってもピンと来ないかもしれませんが、船が運航するには、燃料のほか、人が生活するために水や空気が必要です。それらを送るためのパイプをどう配置していくかをCADで図面化しています。現場で工事をするときに使われる図面のため、どう配置すれば工事しやすいか、現場の作業のしやすさを考えて設計しています。


「正解」がないから、思った通りにできるのが、面白い。

配管はただつなげばいいというものではありません。船の形や様々な装置が船内のどこにあるかなど、たくさんのことがわかっていないと、違う種類のパイプをつないでしまい、工事ができなくなってしまいます。しかし、配管には「正解」というものがなく、なるべく最短ルートで他の機器やパイプに当てないようにどう設計するかは、自分のアイデア次第。その分、大変ですが、だからこそやりがいもあります。船が完成した後に船内の写真を撮りに行くのが若手の仕事なのですが、思った通りにうまく配管できるのを見たときが、やはり一番うれしいですね。

目標は、先輩からも後輩からも頼りにされる設計者になること。

機関室は、船にとっての「心臓」部分。そこを通る配管という、とても重要な部分の設計を任されていることは、私の誇りです。しかし、まだわからないこともたくさんあるため、いろいろな経験を積みながら、先輩からも後輩からも頼りにされる設計者になるのが、目標です。先輩や後輩とは、休日も一緒に遊んだり、旅行に行ったりしています。仕事でも何でも聞きやすく、一人でわからないことを抱えてしまうようなことはありません。年齢も関係なくみんな仲が良いところが、会社の好きなところですね。