MIJACへの参画

技術開発本部
2013/7/4
 サノヤス造船株式会社は船舶の省エネ技術、NOx削減技術をはじめとする環境保全、物流効率化、安全確保等の海事産業に係る技術課題に対応するため研究開発に真摯に取り組んでおります。

 この度、上記の研究開発をさらに加速推進するため国内造船会社4社(株式会社大島造船所殿、株式会社新来島どっく殿、常石造船株式会社殿、サノヤス造船株式会社)、日本郵船株式会社殿及び一般財団法人日本海事協会殿の共同出資により4月1日に設立された株式会社マリタイムイノベーションジャパン(MIJAC)に参画をいたしました。同社は7月1日より正式に事業運営を開始いたしました(同社の概要は、後掲の通りです)。

 サノヤス造船株式会社では研究開発能力を絶えず向上させると同時に、他企業、大学やその他の研究機関とのとの共同研究を積極的に推進することで、技術の相互補完等により研究開発活動を活発で効率的なものとし、新たなイノベーションの創造と研究開発のスピードアップをはかってまいります。
 以上

 【技術開発会社の概要】
会 社 名 株式会社マリタイムイノベーションジャパン
所 在 地 (英文)Maritime Innovation Japan Corporation
〒140-0001 東京都品川区北品川3−6−9アンドウビル6階
TEL:03-6433-0160 FAX:03-6433-0163URL:www.mijac.co.jp
設   立 2013年4月1日
資 本 金 10百万円
代 表 者 代表取締役社長 信原眞人
事業内容 環境・省エネ技術に関する研究開発
海洋エネルギーに関する研究開発
船舶設計に関するコンサルティング
船舶に関する試験・計測
船舶及び海洋エネルギーに関する調査・情報収集

CLOSE