相馬丸が Bulk Ship of the Year を受賞

船舶営業本部
2014/12/4
当社が建造した相馬丸(第1323番船)が、英国海事メデイアInternational Bulk Journal社が主催するIBJ Award 2014においてBulk Ship of the Yearを受賞しました。

本船は、株式会社商船三井(社長:武藤光一、本社:東京都港区)と共同開発し、各種安全・省エネ仕様を採用した最新鋭の幅広浅喫水型の石炭専用船です。

IBJ Award 2014には運航者である株式会社商船三井が応募し、安全・環境性能に加え、同社の効率高い運航が評価され、この度の受賞となりました。

当社は今後も、安全・環境に配慮した船を建造することで海事産業へ貢献してまいります。

【“SOMAMARU(相馬丸)”概要】
     全長 235.0m
     全幅 43.0m
     型深 20.0m
  載貨重量 91,094トン

CLOSE