タワー型水上構造物およびその設置工法に関する特許取得

サノヤス造船梶@技術本部
2015/8/25
 浮体式洋上風力発電設備などのタワー型構造物は、タワー長だけでも百メートル以上になるものもあり、タワーの喫水は数十メートルと、とても深くなります。さらにタワーにナセル(*)や風車ブレードを設置すると、海面上の高さもかなり高いものとなります。このような構造物を設置するには、設置水域だけではなくその場所への曳航中の水域も、十分な水深があることや水上に橋などの障害物が無い事が条件となります。
 また、設置水域にてナセルや風車ブレードを取り付ける作業にも、大型クレーン船などによる支援が必要なります。
 本特許では、上記課題を克服すべく、タワーを横倒しにした状態で曳航できるよう、内部の複数のバラストタンク配置を工夫し、設置水域にてバラストタンク間のバラスト(水や流動性のある粒状個体)の移動によりタワーを直立させるようにしています。タワーを横倒しにした状態で曳航することで、水深が浅い場所や橋の下を通過することも可能となり、さらに曳航前にナセルや風車ブレードを搭載しておけば、設置水域ではバラストの移動により直立状態とするのみとなり、大型クレーン船などによる支援も不要となります。
 上記のような構造物および設置工法に関する特許を平成26年1月に出願し、平成27年4月に無事、特許と認定されました。
 (*)ナセルとは、増速機、発電機などを格納し、風車ブレードの回転を電気に変換するタワー上部の装置のことです。

 再生可能エネルギー市場が拡大する中で年々期待の高まる洋上風力発電ですが、サノヤス造船では知的財産を有効活用することで、地球温暖化を抑制する再生可能エネルギー業界に貢献してまいります。



CLOSE