社長挨拶

確かな技術に まごころこめて

このたび、サノヤス・エンジニアリング(株)および(株)大鋳は、2019年4月1日付で合併し、新生「サノヤス・エンジニアリング株式会社」としてスタートいたしました。
サノヤス・エンジニアリング(株)は機械式駐車装置の開発、製造、販売、設置からアフターサービスに至るまでを一貫して行うことができるメーカーとして、業界で確固とした地位を築いてまいりました。その豊富な機種のラインナップと30年に及ぶ実績で、多くのお客様から高い評価を頂いております。また、新しい分野へのチャレンジとして、近年テロや暴走車両事故でその必要性が高まる車両侵入防止装置(ボラード)の販売・設置も手掛けています。
(株)大鋳は1957年に創業して以来、ショットブラストマシンメーカーとして、お客様のニーズをカタチにする開発、製造、販売から、研掃材の販売を含めた迅速・丁寧なアフターサービスまでを手掛け、お客様にご満足頂いてまいりました。
この度の合併を機に、両社が培ってきた技術と経験をもとに、お客様のニーズに応える開発力とものづくりへの意欲、そして直接お客様に接するアフターサービスを磨きあげ、お互いの力を結集し、より良い製品・サービスをお客様に提供してまいります。

我々は「サノヤスグループ」の企業理念 “確かな技術に まごころこめて”と、それを発展させた当社のスローガンである”殻を破れ!確かな技術で新たな時代へ”の2つを合言葉に、お客様に喜ばれる会社として成長してまいります。
今後とも皆様方のより一層のご支援・ご愛顧を受け賜ります様、お願い申し上げます。
なお、当社は、2020年4月1日付で、サノヤス建機(株)との合併を予定しております。

サノヤス・エンジニアリング株式会社
代表取締役社長

近藤 隆